プロペシアのわかりやすい説明|AGA治療薬の種類と特徴

AGA(男性型脱毛症)治療薬と聞いて、まずプロペシアを思い浮かべる人も多いのではないでしょうか。プロペシアは世界各国で承認され、処方する医師も多いですが、服用する際は、効果・効能、使用上の注意、副作用などをよく知っておかなくてはなりません。

ここでは、プロペシアについて解説していきます。

プロペシアとは

プロペシアとは、米メルク社が開発し、60カ国以上で承認されている、世界初の医師が処方する内服型のAGA治療薬です。

日本では、MSD株式会社が2005年より販売を開始しました。

 

プロペシアの有効成分

プロペシアの主な有効成分をフィナステリドといいます。

フィナステリドは、5α還元酵素阻害薬という分類の薬で、前立腺肥大症の薬にも使われています。

 

プロペシアの効果・効能

プロペシアは、AGAの原因であるDHT(ジヒドロテストステロン)の生成を阻害します。そのため、髪の毛が丈夫になったり、休止期にある毛穴から毛髪が生えてきたりするなど、AGA対策に有効といわれています。

 

国内の臨床試験によると、プロペシア1mgの投与により58%、2年間で68%、3年間で78%の人に改善効果が見られたそうです。

また1mgの投与を1年間続けた結果、40%の人に現状維持(脱毛の進行抑制)効果があったそう。ただし、上記のデータは20~50代の男性を対象としたもののため、60歳以上になると、もう少し効果は下がると考えられています。

 

ですが、明らかな改善効果となると、頭頂部6%、前頭部2%という結果が出ていますので、現状維持または微改善に効果的なようです。

 

効果を感じるには、1日1回の服用を6カ月以上続ける必要があるといわれています。

また効果が現れたとしても、途中で服用を止めてしまったら、症状は進行してしまいます。そのため、服用を続けることが大事です。

 

プロペシアの処方について

プロペシアは、薬価基準未収載薬のため、健康保険の適用外です。

そのため、全額自己負担になります。

 

プロペシアの注意点

1.AGA治療薬であるため、円形脱毛症や抗がん剤等の脱毛には対応していません。

2.20歳未満での安全性は保証されていないため、未成年は服用できません。また女性に対しても有効性が認められていないため、同様に処方できません。

3.プロペシア服用中に献血はしないでください。終了1カ月後から、献血をすることができます(献血した血液が妊婦や授乳中の女性の体内に混入することを防ぐため)。

 

プロペシアの副作用

プロペシアを服用すると

・勃起不全

・リビドー(性欲)減退

・男性不妊症

・肝機能障害

・じんましん

などの副作用が出ることがあります。

確率は0.7%程度ですが、発生しないという保証はありませんので、その点を考慮した上で、治療を受けるようにしてください。

 

プロペシアの効果は限定的! 自分の目的に合っているか確認してから服用を

プロペシアは効果を感じる人も多いですが、過剰な期待は禁物です。ほとんどの人は、現状維持またはやや改善といった程度の効果しか感じていません。そのうえ、服用を止めてしまうと、その時点で効果はなくなってしまいます。持続させるには、一生服用し続ける必要があるのです。また可能性は少ないですが、副作用の恐れもあります。このような点を踏まえた上で、医師の処方を受けるかどうかを判断してください。

 
薄毛治療のメリットデメリットをより詳しく紹介してしていますので是非見てみて下さい。
薄毛治療を比較|植毛・内服薬・外用薬のメリットデメリット